文学作品の舞台になった西宮を訪ねて 西宮文学回廊

水上勉/名塩川

名塩(現西宮市塩瀬町名塩周辺)

あらすじ:

紙漉き職人として、越前で妻子と暮らしていた弥右衛門。ある日彼は突然失踪した。はるばる七十里の山里を越えて、母娘は摂津国名塩の弥右衛門の元へと向かうが、そこには悲しい現実があった。江戸時代末期、名塩紙の紙造りにまつわる母娘の悲哀の物語。


作品より引用

摂津の名塩は深い谷である。谷の両側は屏風のようである。山裾に入母屋づくりの茅ぶき屋根がいくつもへばりついている。どこの家からも煙が出ている。紙漉く村である。この村口から、大川へそそぐ底のふかい川がある。岸にはいっぱい桜が植わっている。名塩の桜である。


出典:『短篇名作選 草隠れ』 1982年11月 構想社
初出:「オール讀物」 1969年1月 1号


谷徳製紙所の谷野武信さんは国重要無形文化財名塩雁皮紙製作技術保持者(人間国宝)
谷徳製紙所の谷野武信さんは国重要無形文化財名塩雁皮紙製作技術保持者(人間国宝)
名塩の特産品とも言える「名塩紙」。この名産品を作るのに欠かせないのが、名塩の冷たい冷水である。
名塩の特産品とも言える「名塩紙」。この名産品を作るのに欠かせないのが、名塩の冷たい冷水である。