文学作品の舞台になった西宮を訪ねて 西宮文学回廊

村上春樹 (西宮市・芦屋市出身)

プロフィール  1949年 1月12日 -

小説家、米文学翻訳家、エッセイスト、ノンフィクション作家。京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。
早稲田大学第一文学部演劇科卒、ジャズ喫茶の経営を経て、1979年『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。

1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起き、 以後は国民的支持を集めている。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』など。

日本国外でも人気が高い。2006年、特定の国民性に捉われない世界文学へ貢献した作家に贈られるフランツ・カフカ賞を受賞し、以後ノーベル文学賞の有力候補と見なされている。

デビュー以来翻訳の活動もしており、フィッツジェラルドの諸作品やレイモンド・カーヴァー全集のほか、 多くの訳書がある。エッセイ、紀行文も多数。


学歴

早稲田大学文学部


文学賞

群像新人文学賞(1979年)
野間文芸新人賞(1982年)
谷崎潤一郎賞(1985年)
読売文学賞(1995年)
桑原武夫学芸賞(1999年)
朝日賞(2006年)
フランツ・カフカ賞(2006年)
バークレー日本賞(2008年)
エルサレム賞(2009年)
毎日出版文化賞(2009年)


主要作品

『風の歌を聴け』(1979年)
『羊をめぐる冒険』(1982年)
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(1985年)
『ノルウェイの森』(1987年)
『ねじまき鳥クロニクル』(1995年)
『海辺のカフカ』(2002年)
『1Q84』(2009年)



出典

「村上春樹」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 2011年2月6日 (日) 17:21  UTC、URL:http://ja.wikipedia.org/



西宮とのかかわり

生まれたまもなく京都から西宮へ、西宮市立香櫨園小学校卒業(第1回卒業生)西宮に在住のまま芦屋市立精道中学校へ入学、その後芦屋市へ転居。
作品の中に多くの西宮の情景が見られる。小学校の頃、旧西宮市立図書館へ入りびたって読書に耽っていた。


関連のある作品

村上朝日堂の逆襲
辺境・近境
ランゲルハンス島の午後
 ノルウェイの森
 海辺のカフカ


関わりのある場所
「古い石の橋」と描かれている、河口から二番目のあしはら橋。道路から一段低いところにあり、歩行者は階段で少し降りてから渡る。
「古い石の橋」と描かれている、河口から二番目のあしはら橋。道路から一段低いところにあり、歩行者は階段で少し降りてから渡る。
西宮市立香枦園小学校の第一回卒業生
西宮市立香枦園小学校の第一回卒業生
夙川の河口、香櫨園浜の回生病院。作品の中にイメージとして出てくる。
夙川の河口、香櫨園浜の回生病院。作品の中にイメージとして出てくる。