文学作品の舞台になった西宮を訪ねて 西宮文学回廊

坂井希久子 (和歌山県出身)

プロフィール  

1977年和歌山県生まれ。
同志社女子大学学芸学部日本語日本文学科卒業。
会社員を経て、プロ作家を志し上京。
小説講座での研賛を経て、2008年、「虫のいどころ」で第88回オール読物新人賞を受賞。
著書に『迷子の大人』『泣いたらアカンで通天閣』『羊くんと踊れば』『こじれたふたり』などがある。
(単行本の経歴紹介より)


学歴

同志社女子大学学芸学部日本語日本文学科卒業。


西宮とのかかわり

甲子園球場でのプロ野球の試合などが、ふんだんに登場する他、鳴尾浜の二軍球場も登場。詳細な試合経過の話など、野球ファン、トラキチにはたまらない内容。


武庫川にかかる鉄橋の上にある阪神武庫川駅や、武庫川の河川敷に拡がる公園が、物語のストーリーの重要なポイントとして登場します。


関連のある作品

ヒーローインタビュー


関わりのある場所
甲子園球場。架空の阪神タイガースの主人公を取り巻く選手は実在の人物を彷彿とさせる
甲子園球場。架空の阪神タイガースの主人公を取り巻く選手は実在の人物を彷彿とさせる
タイガースデン。一軍を目指して汗を流す鳴尾浜にある二軍の練習場。
タイガースデン。一軍を目指して汗を流す鳴尾浜にある二軍の練習場。
阪神武庫川駅・・・駅が川のど真ん中にある。
阪神武庫川駅・・・駅が川のど真ん中にある。
・・・真夏の甲子園で太陽に焼かれながらの観戦はもう、年齢的にかなり辛い。・・・・
・・・真夏の甲子園で太陽に焼かれながらの観戦はもう、年齢的にかなり辛い。・・・・