風見 梢太郎 (福井県敦賀市生まれ)

プロフィール:1948年9月21日 –

大学卒業後、当時の電電公社に入社。日本民主主義文学会会員。
作家として『海岸隧道』(民主文学自選叢書)、『けぶる対岸』(新日本出版社)など を発表。
2008年1月~6月、甲陽学院高等学校をモデルにした長編小説『浜風受くる日々に』をしんぶん赤旗に連載し、10月に新日本出版社から出版。

学歴

父親の転勤により関西に移住後、甲陽学院高等学校から京都大学工学部に進学。

文学賞

出典

「風見 梢太郎」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 2018年12月8日 (土) 23:50  UTC、URL:http://ja.wikipedia.org/

西宮とのかかわり

西宮市甲子園高潮町にあった 甲陽学院高等学校 に通った。

関連のある作品

『 浜風受くる日々に 』

関わりのある場所
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました