トップページ

西宮は万葉の時代から白砂青松の地と詠まれ交通の要地として発展し、酒造りの街として栄えてきました。
その立地や、風光明媚さで 多くの文人が住み、多くの文学作品の中にも出てきます。

その作品の舞台から、西宮に思いを馳せてみましょう。

西宮が登場する作品

田山花袋/温泉めぐり
谷崎潤一郎/私の見た大阪及び大阪人
谷崎潤一郎/青春物語
城山三郎/零からの栄光
玉置通夫/甲子園球場物語
堀江謙一/太平洋ひとりぼっち
宮本輝/幻の光
遠藤周作/黄色い人
井上靖/闘牛
田辺聖子/女の日時計
中野晴行/球団消滅 幻の優勝チーム・ロビンスと田村駒治郎
烏丸紫明/ニシキタ幸福堂 なりゆき夫婦のときめきサンドウィチ
稲垣足穂/ヒコーキ野郎たち
村上春樹/ランゲルハンス島の午後
金子光晴/新造船
庄野潤三/流木

もっと見る(作品一覧)


トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました