トップページ

西宮は万葉の時代から白砂青松の地と詠まれ交通の要地として発展し、酒造りの街として栄えてきました。
その立地や、風光明媚さで 多くの文人が住み、多くの文学作品の中にも出てきます。

その作品の舞台から、西宮に思いを馳せてみましょう。

西宮が登場する作品

西岡まさ子/緒方洪庵の妻
宮本 輝/花の降る午後
須賀敦子/『遠い朝の本たち』の「小さなファデット」
谷崎潤一郎/私の見た大阪及び大阪人
中村憲吉/平福百穂宛の書簡
谷崎潤一郎/卍
高殿円/マル合の下僕(2017年改題:ポスドク!)
東野圭吾/幻夜
堀江謙一/太平洋ひとりぼっち
遠藤周作/黄色い人
佐藤愛子/愛子
烏丸紫明/ニシキタにゃんこの保育園 〜人生を変える出会いがあります〜
宮本輝/幻の光
平中悠一/”She’s Rain” シーズ・レイン
湊かなえ/絶唱 
梅津有希子/ブラバン甲子園(大研究)

もっと見る(作品一覧)


トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました