トップページ

西宮は万葉の時代から白砂青松の地と詠まれ交通の要地として発展し、酒造りの街として栄えてきました。
その立地や、風光明媚さで 多くの文人が住み、多くの文学作品の中にも出てきます。

その作品の舞台から、西宮に思いを馳せてみましょう。

西宮が登場する作品

鴨井羊子/のら猫トラトラ
金子光晴/流浪
谷崎潤一郎/細雪
宮本輝/ 北病棟
北尾鐐之助/阪神風景漫歩
織田作之助/六白金星
中野晴行/球団消滅 幻の優勝チーム・ロビンスと田村駒治郎
谷崎潤一郎/赤い屋根
谷川流/涼宮ハルヒの消失
稲垣足穂/ヒコーキ野郎たち
谷崎潤一郎/卍
須賀敦子/『遠い朝の本たち』の「小さなファデット」
安田夏菜/レイさんといた夏
須賀敦子/ヴェネツィアの宿
朝倉宏景/あめつちのうた 
阿川弘之/山本五十六

もっと見る(作品一覧)


タイトルとURLをコピーしました