トップページ

西宮は万葉の時代から白砂青松の地と詠まれ交通の要地として発展し、酒造りの街として栄えてきました。
その立地や、風光明媚さで 多くの文人が住み、多くの文学作品の中にも出てきます。

その作品の舞台から、西宮に思いを馳せてみましょう。

西宮が登場する作品

野坂昭如/エロ事師たち
司馬遼太郎/世に棲む日日
木下利玄/住吉日記
高殿円/マル合の下僕(2017年改題:ポスドク!)
田辺聖子/女の日時計
堀江謙一/太平洋ひとりぼっち
谷崎潤一郎/阪神見聞録
黒岩重吾/暗い春の歌
中村憲吉/歌集「しがらみ」「松の芽」
織田作之助/六白金星
清水博子/vanity
増山実/勇者たちへの伝言
中村憲吉/平福百穂宛の書簡
山口瞳/草競馬流浪記
竹友藻風/鶺鴒
小松左京/歌う女

もっと見る(作品一覧)


トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました