トップページ

西宮は万葉の時代から白砂青松の地と詠まれ交通の要地として発展し、酒造りの街として栄えてきました。
その立地や、風光明媚さで 多くの文人が住み、多くの文学作品の中にも出てきます。

その作品の舞台から、西宮に思いを馳せてみましょう。

西宮が登場する作品

稲垣足穂/ヒコーキ野郎たち
与謝野晶子/霧閣雲窓章
田宮虎彦/江上の一族
谷川流/涼宮ハルヒの憂鬱
谷崎潤一郎/猫と庄造と二人のをんな
野坂昭如/火垂るの墓
東野圭吾/幻夜
富田砕花/阪神沿線
村上春樹/村上朝日堂の逆襲
遠藤周作/砂の城
黒岩重吾/暗い春の歌
高田郁/あきない正傳 金と銀(源流編)
金子光晴/流浪
佐藤愛子/愛子
由起しげ子/本の話
瀬戸内晴美/恋川

もっと見る(作品一覧)


トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました