トップページ

西宮は万葉の時代から白砂青松の地と詠まれ交通の要地として発展し、酒造りの街として栄えてきました。
その立地や、風光明媚さで 多くの文人が住み、多くの文学作品の中にも出てきます。

その作品の舞台から、西宮に思いを馳せてみましょう。

西宮が登場する作品

清水博子/カギ
村上春樹/辺境・近境
谷川流/涼宮ハルヒの驚愕
平中悠一/”She’s Rain” シーズ・レイン
由起しげ子/本の話
小松左京/歌う女
谷崎潤一郎/細雪
宮本 輝/花の降る午後
瀬戸内晴美/恋川
田辺聖子/女の日時計
谷崎潤一郎/阪神見聞録
有川浩/阪急電車
田宮虎彦/江上の一族
宮柊二/忘瓦亭の歌
山崎豊子/白い巨塔
朝倉宏景/あめつちのうた 

もっと見る(作品一覧)


トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました