トップページ

西宮は万葉の時代から白砂青松の地と詠まれ交通の要地として発展し、酒造りの街として栄えてきました。
その立地や、風光明媚さで 多くの文人が住み、多くの文学作品の中にも出てきます。

その作品の舞台から、西宮に思いを馳せてみましょう。

西宮が登場する作品

司馬遼太郎/世に棲む日日
大岡昇平/酸素
佐藤愛子/愛子
井上靖/闘牛
須賀敦子/ヴェネツィアの宿
宮本 輝/花の降る午後
西岡まさ子/緒方洪庵の妻
谷崎潤一郎/私の見た大阪及び大阪人
富田砕花/阪神沿線
須賀敦子/『遠い朝の本たち』の「小さなファデット」
由起しげ子/本の話
黒岩重吾/小学生浪人
谷川流/涼宮ハルヒの消失
東野圭吾/幻夜
野坂昭如/エロ事師たち
中村憲吉/歌集「しがらみ」「松の芽」

もっと見る(作品一覧)


トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました