トップページ

西宮は万葉の時代から白砂青松の地と詠まれ交通の要地として発展し、酒造りの街として栄えてきました。
その立地や、風光明媚さで 多くの文人が住み、多くの文学作品の中にも出てきます。

その作品の舞台から、西宮に思いを馳せてみましょう。

西宮が登場する作品

谷崎潤一郎/卍
清水博子/vanity
田辺聖子/女の日時計
須賀敦子/ヴェネツィアの宿
宮本 輝/花の降る午後
かんべむさし/決戦日本シリーズ
宮本輝/にぎやかな天地
谷崎潤一郎/猫と庄造と二人のをんな
金子光晴/新造船
井上靖/昨日と明日の間
織田作之助/六白金星
遠藤周作/口笛をふく時
北尾鐐之助/阪神風景漫歩
水上勉/櫻守
井上靖/猟銃
滝悌三/一期は夢よ 鴨居玲

もっと見る(作品一覧)


タイトルとURLをコピーしました