トップページ

西宮は万葉の時代から白砂青松の地と詠まれ交通の要地として発展し、酒造りの街として栄えてきました。
その立地や、風光明媚さで 多くの文人が住み、多くの文学作品の中にも出てきます。

その作品の舞台から、西宮に思いを馳せてみましょう。

西宮が登場する作品

泉高弘/西北バー物語
井上靖/貧血と花と爆弾
佐藤愛子/愛子
谷崎潤一郎/猫と庄造と二人のをんな
朝倉宏景/あめつちのうた 
瀬戸内晴美/恋川
薄田泣菫/艸木虫魚(老和尚とその弟子)
貴志祐介/十三番目の人格(ペルソナ)ーISORA-
遠藤周作/口笛をふく時
須賀敦子/『遠い朝の本たち』の「小さなファデット」
与謝野晶子/霧閣雲窓章
谷崎潤一郎/卍
野坂昭如/火垂るの墓
高田郁/あきない正傳 金と銀(源流編)
宮本輝/幻の光
水上勉/名塩川

もっと見る(作品一覧)


トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました