木下利玄/住吉日記

西宮神社・香櫨園浜

あらすじ:

木下利玄は1917年12月29日から兵庫県武庫郡住吉村梅ノ木(現在の神戸市東灘区住吉宮町)に仮住まいしていた。
1918年に書かれた日記に西宮の様子が書かれている。

作品より引用

 一月十日 木曜 晴  午後四時頃から思ひ立ち、西の宮神社十日戎に参詣する。丁度東京の酉の市のやうなものだ。 七月二十四日 水曜 晴  午後、照子と香櫨園浜の海水浴に行く。停車場から海岸までは松林の下になってゐる。浜はかなり広い。

出典:『定本木下利玄全集』散文篇 1977年9月 臨川書店
初出:「短歌文学全集」『木下利玄篇』1937年3月第一書房、「立春」1938年7月号・9~12月号、『木下利玄全集』1940年弘文堂掲載

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました