喜志邦三 (堺市出身)プロフィール  

プロフィール  1898年 3月1日 – 1983年 5月2日

昭和時代の詩人。
新聞記者をつとめたのち、大正14年から神戸女学院で教える。
三木露風の「未来」に加わり、詩集「堕天馬」「交替の時」「雪をふむ跫音」、 評論集「現実詩派」「木曜詩話」などを発表。昭和14年NHK放送文芸賞。
歌謡曲「春の唄」「踊子」なども作詞。

学歴

早稲田大学英文学科

文学賞

NHK放送文芸賞

主要作品

詩集
「堕天馬」
「交替の時」
「雪をふむ跫音」
歌謡曲
「踊子」
「春の唄」

出典

「喜志邦三」『kotobank』URL:http://kotobank.jp/

西宮とのかかわり

大正14年から神戸女学院でおしえる「春の唄」歌詞 北昭和町在住 歌の第二節は、北口界隈の市場を心において作詞 昭和12年(1937)に「国民歌謡」の1つとしてとして発表された。

1 ラララ 紅い花束 車に積んで
  春が来た来た 丘から町へ
  すみれ買いましょ あの花売りの
  可愛い瞳に 春のゆめ

2 ラララ 青い野菜も市場に着いて
  春が来た来た 村から町へ
  朝の買物 あの新妻の
  籠にあふれた 春の色

3 ラララ 鳴けよちろちろ巣立ちの鳥よ
  春が来た来た 森から町へ
  姉と妹のあの小鳥屋の
  店のさきにも 春の唄

4 ラララ 空はうららかそよそよ風に
  春が来た来た 町から町へ
  ビルの窓々 みな開かれて
  若い心に 春が来た

「春の唄」の歌碑が北口駅とアクタ西宮を結ぶ連絡デッキに設置されている。
西宮市民文化賞受賞(1972年)

関連のある作品

歌謡曲 「春の唄」

関わりのある場所
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました