畔柳二美 (北海道千歳市出身)

プロフィール  1912年 1月14日 – 1965年 1月13日

昭和時代後期の小説家。20歳のときから佐多稲子と交流。
昭和23年夫の戦死の公報をうけとったのを機に創作に専念し,24年「夫婦とは」を発表。代表作『姉妹』は映画化されたり、NHKの少年ドラマにもなった。
作風は平明なリアリズムで、新書版のブックス、児童向けのものも多い。

学歴

北海高等女学校(現札幌大谷高等学校)

文学賞

毎日出版文化賞

主要作品

『限りなき困惑』
『川音』
『姉妹』

西宮とのかかわり

昭和十一年から二十三年ごろまで上甲子園に住んでいた。

関わりのある場所
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました