サトウハチロー (東京市牛込区(現新宿区)出身)

プロフィール  1903年 5月23日 – 1973年11月13日

詩人、童謡作詞家、作家、戦前の少年小説家・佐藤紅緑は父。
小説家・佐藤愛子は異母妹。
佐藤一家の歴史は、佐藤愛子の大河小説「血脈」に描かれている。

学歴

早稲田中学校(現早稲田中学校・高等学校)中退

文学賞

芸術選奨文部大臣賞
レコード大賞童謡賞
NHK放送文化賞受賞

主要作品

童謡
『ちいさい秋みつけた』
『かわいいかくれんぼ』
『うれしいひなまつり』
『わらいかわせみに話すなよ』
『とんとんともだち』

歌謡曲
『リンゴの歌』
『長崎の鐘』
『うちの女房にゃ髭がある』

軍歌
『台湾沖の凱歌』

戦時歌謡
『敵の炎』

児童文学作品
『ジロリンタン物語』

西宮とのかかわり

少年時代、父佐藤紅緑と一緒に鳴尾村の家に住んだ。
森繁久弥が『広報グラフ』に寄せた一文に、サトウハチローのことを次のように書いている。
「・・・その鳴尾村字西畑から、あの東大の梶原投手が生まれ、横商の塩見ピッチャーや、詩人サトウハチローや、役者の私が生まれたのである。」

関わりのある場所
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました