藤本義一 (大阪府堺市出身)

プロフィール  1933年1月26日 –

昭和後期-平成時代の放送作家,小説家。
大阪府立大在学中から「つばくろの歌」などラジオドラマの脚本をかく。卒業後,宝塚映画など映画会社各社で多数のシナリオを執筆。

昭和40年からテレビの深夜番組「11PM」の司会者をつとめるなど幅ひろく活躍。

49年「鬼の詩(うた)」で直木賞。若手漫才師、漫才作家の育成にもあたる。
夫人はタレントの藤本統紀子。

学歴

大阪府立大学経済学部

文学賞

芸術祭文部大臣賞(1957年)
第2回文藝賞[戯曲部門]佳作(1963年)
第1回噂賞(1972年)
第65回直木賞受賞(1974年)
第1回関西大賞(1986年)
第7回日本文芸大賞(1987年)

主要作品

『日時計の家』
『鬼の詩』
『螢の宿』

出典

「藤本義一」『kotobank』URL:http://kotobank.jp/

西宮とのかかわり

甲東園在住。西宮の自宅で阪神・淡路大震災を被災した。取材の報道ヘリコプターのために「救援を求める声がかき消された」として救助活動に支障が出たことを痛烈に批判し、過剰なマスコミ報道に警鐘をならした。

阪神・淡路大震災被災遺児のための福祉施設「浜風の家」(芦屋市)を運営している。

関わりのある場所
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました