井上靖/昨日と明日の間

香櫨園海岸

あらすじ:

夫の生き方に不満を募らせている芦屋に住む美貌の社長夫人。色々な事業に頭を突っ込み、今は民間の航空事業に野心を燃やしている、自由に自分の好奇心のままに生きる行動的な男。その男に奔放な情熱をぶつける元不良少女。それぞれ懸命に生きている三人の愛が、昨日と明日の間で交錯し、明日に向かい、明日を開いていく 。

作品より引用

自動車は阪神の香櫨園の駅の踏切を越えて、真直ぐに海岸に向かった。道は夙川の流れに沿い、片側だけに、松の並木があった。 人通りの無い道の所々に、燭光の大きい街燈がついていて、赤松の太い幹が、その付近だけ、芝居の書割のように鮮やかに浮き上がって見えていた。 道は真直ぐに海岸につき当った。海岸といっても、ほんの僅かの区域だけ砂浜があって、海側は石とコンクリートで固められた切岸になっている。(中略) 萄子は、香櫨園の海に来たのは初めてだった。いかにも都会の海といった感じで、右手には遠く神戸の街の灯が見え、左手には大阪の灯が見えた。そして正面には、これは漁船らしい灯が二つ三つ浮かんでいた。

出典:『昨日と明日の間』1966年 角川書店刊より
初出:1953~1954年「週刊朝日」に連載

井上靖と西宮のかかわり>

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました