井上靖/猟銃

西宮聖天寺 夙川駅

あらすじ:

詩人の元に偶然の思い違いから届けられた3通の手紙。1人の男をめぐる3人の女の心の闇が明らかにされていく。我執、嫉妬、宿命、業、それらに振り回される人間の生き様が描かれた作品。

作品より引用

お友達と一緒に学校へ行く途中、阪急電車の夙川まで来て、私は課外の英語読本を家に忘れて来た事を思い出したのです。そしてお友達に駅で待っていて戴いて、自分一人家に取りに帰ったのですが、家の御門の前まで来て、私は何故か門の中へ這入る事が出来なかったのです。

出典:『猟銃・闘牛』 1966年10月 新潮社
初出:「文學界」 1949年10月 8号

井上靖と西宮のかかわり>

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました