黒岩重吾/小学生浪人

北山学園(六甲郊外学園)

あらすじ:

作者の浪人生活の時代を描いた自伝的作品。小学生の浪人という特殊な経験の中での鬱屈した思いや初めての映画、性の芽生えなどが大阪の下町を舞台に描かれ興味深い。

作品より引用

 そういうわけで、成績が下った五年生になった時、虚弱児童ばかり集めた、六甲の郊外学園に、一年間放り込まれた。

出典:『黒岩重吾全集 第二十二巻』 1984年3月 中央公論社
初出:「小説現代」 1974年6月 6号

黒岩重吾と西宮のかかわり>

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました