金子光晴/新造船

西宮港

あらすじ:

金子は関東大震災後の1976年10月ごろ、実妹の婚家先に滞在していた。その頃の西宮港を詠んだ散文詩。

作品より引用

白枯れた兼葭に白雲とび  新造の木船は其蔭に繁れてゐる。  おゝ、新しい木材の香よ!その素朴な組合が、高い舳が  日本の丸太檣が荒薦が空中にゆれる。  社殿の如き艫に『神明丸』と刻んである。  水の上の熾烈な木の情熱よ!  それはまだ、出纜したことのない若い命である。  翻弄よ。走りゆく水よ。  それは、我心の荘厳な孤独である。

出典:『金子光晴全集 第一巻』 1976年4月 中央公論社
初出:『水の流浪』1926年12月 新潮社

金子光晴と西宮のかかわり>

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました