谷崎潤一郎/青春物語

今津町役場

あらすじ:

関東で暮らしていた頃の谷崎が、関西の文化へなじんでいく様子を描いた随筆文。自身の神経が衰弱してしまう様子などを細部まで書ききった。

作品より引用

しかし金子さんのお陰でどうやら自信を得た私は、大阪へ着くと直ぐ阪神で今津の役場へ駈けつけたが、もう時間外で間に合はなかつたのであつた。

出典:『谷崎潤一郎全集 第十三巻』 1982年5月 中央公論社
初出:「中央公論」 1932年9月號~1933年3月號

谷崎潤一郎と西宮のかかわり>

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました