堀江謙一/太平洋ひとりぼっち

西宮ヨットハーバー

あらすじ:

1962年、水平線の向こう側へ挑んだ一人の若者がいた。わずか6メートル弱のヨット「マーメイド号」で太平洋を横断した堀江謙一。孤独と挑戦の日々をつづった航海記。

作品より引用

阪神の西宮駅前にある<不二屋>に入った。ビールで乾杯して、ぼくは焼飯をご馳走になる。ほんとうは、猛烈にスシが食べたかったが、でも、生ものを食って、腹をこわしては一大事だ。かろうじて、我慢する。焼飯もほどほどにして残した。セーリングには、腹がすいているぐらいのほうがいい。

出典:『太平洋ひとりぼっち』 2004年2月 舵社 
初出:『太平洋ひとりぼっち』 1962年12月 文藝春秋

堀江謙一と西宮のかかわり>

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました