由紀しげ子 (大阪府堺市出身)

プロフィール  1900年12月2日 – 1969年12月30日

神戸女学院音楽部在学中に山田耕筰に作曲を学び、才能を発揮していたが、中退。1924年、画家伊原宇三郎と結婚、三男一女を儲けた。

1945年、別居。神近市子らの勧めにより作家の道に進む。
1949年、『作品』に発表した最初の短篇「本の話」により戦後再開第1回の芥川賞を受賞。

1954年、『小説新潮』に載せた「女中っ子」が映画化され、ベストセラーとなる。以後はもっぱら少女小説や中間小説の作家として活躍した。

学歴

神戸女学院中退

文学賞

芥川賞(1949年)

主要作品

『本の話』
『女中っ子』

由紀しげ子が神戸女学院に在籍していたこと。
彼女の芥川賞受賞作『本の話』の舞台が上ヶ原にあるクリストロア病院(現上ヶ原病院)になっている。
作品の中では、クリストロア病院は「神戸市外のK病院」となっている。

西宮とのかかわり

関連のある作品

『本の話』

関わりのある場所
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました