遠藤周作 (東京都 豊島区出身)

プロフィール  1923年3月27日-1996年9月月29日

作家。小説家。慶應義塾大学仏文科卒業後、リヨン大学へ留学。狐狸庵(こりあん)とも呼ばれ、小説家とは別の顔で、狐狸庵シリーズとしてユニークで軽妙かつぴりっとしたユーモアエッセイを多く発表した。

ネスカフェ・ゴールドブレンドCM「違いが分かる男」に1972年-1975年出演し、ブームが起こるほどの人気作家でもあった。
素人劇団「樹座」の座長をつとめたり、素人コーラス「コール・パパス」を結成するなど、各種の(趣味の域をこえた)趣味活動も有名。熱心なキリスト教信者で、著書の殆どに宗教的な話が出てくる。

学歴

慶應義塾大学仏文科

栄典

文化勲章(1995年)

文学賞

芥川龍之介賞(1955年)
新潮社文学賞(1958年)
毎日出版文化賞(1958年)
谷崎潤一郎賞(1966年)
読売文学賞(1978年)
日本芸術院賞(1979年)
野間文芸賞(1980年)
毎日芸術賞(1994年)

主要作品

『白い人』『海と毒薬』
『沈黙』『侍』『深い河』

西宮とのかかわり

「黄色い人」の一節に仁川が登場する。六甲小学校在学のころ、叔母につれられて夙川のカトリック教会にゆき、公教要理を聞かされて一年後に、カトリックの洗礼をこの教会で受けている。

 灘中(現灘高)時代教師にかくれて西宮の札場筋かいわいにあった映画館に通った思い出もある。(口笛を吹く時) (「西宮文学風土記(下)」 南野武衛著より)

関連のある作品

『口笛を吹く時』
『砂の城』
『黄色い人』

関わりのある場所
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました