西宮ゆかりの作家

西宮ゆかりの作家

小松左京 (大阪市出身)

プロフィール  1931年1月28日- 星新一・筒井康隆と共に「御三家」と呼ばれる日本SF界を代表するSF作家。1970年の大阪万博でテーマ館サブ・プロデューサー、1990年の国際花と緑の博覧会の総合プロデューサーとしても知られる。...
西宮ゆかりの作家

食満南北 (堺市出身)

プロフィール  1880年7月31日 - 1957年5月14日 堺市の酒造家に生まれ、早稲田大学に学び、村上浪六に師事した。幼少の頃から演劇を好み、後には招かれて片岡仁左衛門(十一代)・中村雁治郎(初代)の座付作者として活躍し。鶴屋...
西宮ゆかりの作家

畔柳二美 (北海道千歳市出身)

プロフィール  1912年 1月14日 - 1965年 1月13日 昭和時代後期の小説家。20歳のときから佐多稲子と交流。昭和23年夫の戦死の公報をうけとったのを機に創作に専念し,24年「夫婦とは」を発表。代表作『姉妹』は映画化され...
西宮ゆかりの作家

黒岩重吾 (大阪市出身)

プロフィール  1924年 2月25日 - 2003年 3月7日 - 1960(昭和35)年『休日の断崖』でデビュー。現代の欲望を抉る社会派推理作品を多数発表したのち『紅蓮の女王』『聖徳太子』など古代史をテーマにした長編に取り組...
西宮ゆかりの作家

九条武子 (京都市出身)

プロフィール  1887年10月20日 - 1928年2月7日 西本願寺第21代法主・明如(大谷光尊)の次女教育者・歌人、後年には社会運動活動家としても活躍した。仏教主義に基づく京都女子専門学校(現・京都女子学園、京都女子大学)を設...
西宮ゆかりの作家

貴志祐介 (大阪市出身)

プロフィール  1959年 - 学生時代からSFやミステリを愛好。大学卒業後、生命保険会社に勤務。その傍ら執筆活動を開始、30歳で退職して執筆・投稿活動に専念。1996年に『ISOLA』(『十三番目の人格 ISOLA』と改題し刊行...
西宮ゆかりの作家

喜志邦三 (堺市出身)プロフィール  

プロフィール  1898年 3月1日 - 1983年 5月2日 昭和時代の詩人。 新聞記者をつとめたのち、大正14年から神戸女学院で教える。 三木露風の「未来」に加わり、詩集「堕天馬」「交替の時」「雪をふむ跫音」、 評論集「現実詩...
西宮ゆかりの作家

菊池幽芳 (茨城県水戸市出身)

プロフィール  1870年12月18日-1947年7月21日 新派名作「己が罪」の作者 学歴 茨城県立水戸第一高等学校 主要作品 『己が罪』 『乳姉妹』 『月魄』 西宮とのかかわり 川西町に...
西宮ゆかりの作家

かんべむさし (西宮市出身)

プロフィール  1948年1月16日 - SF作家。大学卒業後、広告代理店勤務を経て、SF同人誌『NULL』に参加。 「SFマガジン」誌に発表した「決戦・日本シリーズ」でデビュー作した後、作家活動に入る。*1 1986年には、『笑い...
西宮ゆかりの作家

河東碧梧桐 (愛媛県松山市出身)

プロフィール  1873年2月26日 - 1937年2月1日 日本の俳人・随筆家碧梧桐と虚子は子規門下の双璧と謳われたが、守旧派として伝統的な五七五調を擁護する虚子と激しく対立していた。新傾向俳句から更に進んだ定型や季題にとらわれず...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました