西宮ゆかりの作家

西宮ゆかりの作家

金子光晴 (愛知県津島市出身)

プロフィール  1895年12月25日 - 1975年6月30日 大正から昭和にかけての詩人。22歳で詩作を始め、フランス象徴詩に影響を受けた華麗な作風の詩集「こがね虫」(23年)で詩壇に登場。欧州をさまよった後に発表した詩集「鮫」...
西宮ゆかりの作家

桂信子 (大阪市出身)

プロフィール  1914年11月1日 - 2004年12月16日 俳人。1954年 - 細見綾子、加藤知世子らと「女性俳句会」を創立。 俳人。戦前から俳句の実作を始め、新興俳句運動の旗手として知られた日野草城に師事。1954年 ...
西宮ゆかりの作家

片岡鉄兵 (岡山県苫田郡出身)

プロフィール  1894年 - 1944年12月25日 大正-昭和時代前期の小説家。大正10年(1921)「舌」でみとめられ、13年横光利一らと「文芸時代」を創刊。新感覚派の作家として「綱の上の少女」などを発表。のちプロレタリア小説...
西宮ゆかりの作家

賀川豊彦 (神戸市出身)

プロフィール  1903年 5月23日 - 1973年11月13日 大正・昭和期のキリスト教社会運動家。神戸市に生まれ、不遇な家庭環境と病身の苦難の中でキリスト教信仰に入り、明治44(1911)年に神戸神学校を卒業。在学中から神戸市...
西宮ゆかりの作家

小田実 (大阪市出身)

プロフィール  1932年6月2日 - 2007年7月30日 作家、平和運動家。旧ベ平連(ベトナムに平和を! 市民連合)元代表。多くの小説・評論・エッセイを出しており、中でも代表作である1961年の『何でも見てやろう』(河出書房新社...
西宮ゆかりの作家

小川洋子 (岡山市出身)

プロフィール  1962年3月30日- 1988年、「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞受賞し作家デビュー。妊娠した姉に対する妹の静かな悪意を描いた「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。記憶が80分しかもたない数学博士と家政婦の母子との交...
西宮ゆかりの作家

大岡昇平 (東京生れ)

プロフィール  1909年-1988年 東京生れ。京都帝大仏文科卒。帝国酸素、川崎重工業などに勤務。1944(昭和19)年、召集されてフィリピンのミンドロ島に赴くが、翌年米軍の俘虜となり、レイテ島収容所に送られる。1949年、戦場の...
西宮ゆかりの作家

遠藤周作 (東京都 豊島区出身)

プロフィール  1923年3月27日-1996年9月月29日 作家。小説家。慶應義塾大学仏文科卒業後、リヨン大学へ留学。狐狸庵(こりあん)とも呼ばれ、小説家とは別の顔で、狐狸庵シリーズとしてユニークで軽妙かつぴりっとしたユーモアエッ...
西宮ゆかりの作家

岩谷時子 (西宮市出身)

プロフィール  1916年3月28日 ー2013年10月25日 作詞家、訳詩家。神戸女学院大学卒業後、宝塚歌劇団出版部に就職。月刊誌『歌劇』の編集長を務めた。  越路吹雪のマネージャーを長年勤め、マネージャーとして活動する一方で、越...
西宮ゆかりの作家

井上靖 (北海道 旭川市出身)

プロフィール  1907年5月6日 - 1991年1月29日 京都大学文学部哲学科卒業後、毎日新聞社に入社。戦後になって多くの小説を手掛け、1949(昭和24)年「闘牛」で芥川賞を受賞。1951年に退社して以降は、次々と名作を産み出...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました