その他

その他

梅津有希子/ブラバン甲子園(大研究)

甲子園球場 (南東部) あらすじ: 中学高校と吹奏楽部だった筆者が、取材の為に甲子園で野球観戦をしたことがきっかけとなり、ブラバン応援にはまっていくという研究本。ブラバン応援の歴史、楽器や曲名や人物にまつわる謎、応援秘話、顧問...
その他

万葉集(阪急線以北)

名次山 『万葉集』は、今から1300年ほど前の日本最古の和歌集で、4516首の歌が、20の巻に分けて編集されている。天皇から有名歌人や庶民にいたるまで、男女いろんな人々の歌が収められており、大伴家持が編纂したとも言われている。万葉歌...
その他

万葉集(南東部)

武庫 『万葉集』は、今から1300年ほど前の日本最古の和歌集で、4516首の歌が、20の巻に分けて編集されている。天皇から有名歌人や庶民にいたるまで、男女いろんな人々の歌が収められており、大伴家持が編纂したとも言われている。万葉歌に...
その他

万葉集(南西部)

松原神社付近 『万葉集』は、今から1300年ほど前の日本最古の和歌集で、4516首の歌が、20の巻に分けて編集されている。天皇から有名歌人や庶民にいたるまで、男女いろんな人々の歌が収められており、大伴家持が編纂したとも言われている。...
その他

与謝野晶子/霧閣雲窓章

あらすじ: 浪漫派歌人として世間から圧倒的な支持を得ていた与謝野晶子。彼女が1936年5月に芦屋・西宮等を訪れた折に詠んだ歌集。 作品より引用 武庫の山君なき世にも遠かたの打出の浜の見ゆる路かな(苦楽園にて) ...
その他

由起しげ子/本の話

関学・上ヶ原病院(クリストロア) あらすじ: 闘病生活を続ける姉に、自分の食べ物を与えて栄養失調死した義兄。その悲しみの中、姉の闘病を支え手を尽くす妹。ついに義兄の本に手をつける。その本の中に義兄が生きているのを感じながら、2...
その他

湯川秀樹/旅人 ある物理学者の回想

夙川 あらすじ: 日本初のノーベル賞受賞者、湯川秀樹。中間子理論を発表する前後の生活のようすが、夙川の自然とともに語られてあり、興味ぶかい。湯川秀樹は1933年の夏からしばらく苦楽園に居住していた。 作品より引用 ...
その他

山崎豊子/白い巨塔

夙川 あらすじ: 舞台は国立浪速大学附属病院。権力への野心に燃える財前五郎と、研究一筋で正義感の強い里見脩二。対照的な人物を通し、医学界の腐敗を鋭く追及した社会派長編小説。 作品より引用 庭園燈に照らされた二百...
その他

安田夏菜/レイさんといた夏

甲山 あらすじ: 中一の夏休みが始まると同時に、住み慣れた東京から兵庫県西宮市のマンションに引越ししてきた莉緒。 玄関脇にある5畳ほどの洋間は、ピンクのカーテンのある絵に描いたような女子中学生の部屋だったが、夏休みをこの部屋で...
その他

森田たま/続もめん随筆

夙川周辺 あらすじ: 1936年に出版した『もめん随筆』がベストセラーとなった森田たま。『続もめん随筆』は、随筆家として活動し始めた彼女の2作目の著作。 作品より引用 「故郷の味」石と硝子を贅沢に使つて、もちろ...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました