南西部

その他

万葉集(南西部)

松原神社付近 『万葉集』は、今から1300年ほど前の日本最古の和歌集で、4516首の歌が、20の巻に分けて編集されている。天皇から有名歌人や庶民にいたるまで、男女いろんな人々の歌が収められており、大伴家持が編纂したとも言われている。...
その他

山崎豊子/白い巨塔

夙川 あらすじ: 舞台は国立浪速大学附属病院。権力への野心に燃える財前五郎と、研究一筋で正義感の強い里見脩二。対照的な人物を通し、医学界の腐敗を鋭く追及した社会派長編小説。 作品より引用 庭園燈に照らされた二百...
その他

森田たま/続もめん随筆

夙川周辺 あらすじ: 1936年に出版した『もめん随筆』がベストセラーとなった森田たま。『続もめん随筆』は、随筆家として活動し始めた彼女の2作目の著作。 作品より引用 「故郷の味」石と硝子を贅沢に使つて、もちろ...
その他

森田たま/もめん随筆

甲陽園大池・千歳町 あらすじ: 北海道に生れ、関東へ移り、大震災によって西宮へ越してきた森田たま。随筆家として人気を博した彼女が記す、日常生活や食べ物などをテーマにした随筆集の第一作。 作品より引用 「大阪の雨」...
南西部

村上春樹/1Q84

西宮ヨットハーバー (南西部) あらすじ: ジムのインストラクターをしている30歳目前の女性、青豆。DVなどで女性を苦しめる男たちを暗殺する仕事を引き受けているが、1984年4月にそれまでの世界とは微妙に違う「1Q84年」に入...
その他

村上春樹/ランゲルハンス島の午後

夙川・葭原(あしはら)橋 あらすじ: 安西水丸の絵とともに雑誌に連載された24篇と、単行本刊行に際して書き下ろされた1篇からなるエッセイ集。その書き下ろされたエッセイが、「ランゲルハンス島の午後」であり、膵臓の内に浮いていると...
その他

村上春樹/辺境・近境

阪神西宮・中央商店街・西宮神社 あらすじ: イースト・ハンプトン、からす島、メキシコ、讃岐、ノモンハン、アメリカ(大陸横断)、西宮~神戸の7つの辺境・近境の地を巡る村上春樹の旅行記。有名人の集まる理由や人間と虫との関係、世界と...
その他

宮本輝/青が散る

甲子園・香櫨園 あらすじ: 目的なく入学した新設大学。そこで燎平が出会ったのは、恋とテニスだった。青春というモラトリアム時代を生きる青年の迷いと苦しみを描いた小説。 作品より引用 春が訪れたような陽気だった。阪神...
その他

堀江謙一/太平洋ひとりぼっち

西宮ヨットハーバー あらすじ: 1962年、水平線の向こう側へ挑んだ一人の若者がいた。わずか6メートル弱のヨット「マーメイド号」で太平洋を横断した堀江謙一。孤独と挑戦の日々をつづった航海記。 作品より引用 阪神の...
その他

野坂昭如/火垂るの墓

香櫨園海岸・夙川公園(堤)・満池谷 あらすじ: 幼くして両親を失った清太と節子。2人は遠縁の小母を頼り西宮へ移るが、食糧難からも余計ものにされ、2人で横穴で生活する。食べることも儘ならない状況での幼い命の放つ輝きを描き、アニメ...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました