宮本輝 (兵庫県神戸市出身)

プロフィール  1947年神戸市生まれ

コピーライターとして働いたが、脱サラし小説家となる。
1977年(昭和52年)に自分の幼少期を題材にした『泥の河』で、第13回太宰治賞を受賞してデビュー。

翌1978年(昭和53年)には『螢川』で第78回芥川賞を受賞し、作家としての地位を確立。

代表作に「川三部作」と呼ばれる『泥の河』『螢川』『道頓堀川』や、『錦繍』『青が散る』等がある。 映画化、ドラマ化された作品も多い。 


学歴

追手門学院大学文学部卒業

主要作品

『泥の河』
『螢川』
『道頓堀川』
『錦繍』
青が散る


西宮とのかかわり

関連のある作品

青が散る』『にぎやかな天地』『花の降る午後』『幻の光』などの中で、香櫨園や甲陽園、森林公園など西宮の風景がふんだんに出てくる。

関わりのある場所
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました