南東部

その他

梅津有希子/ブラバン甲子園(大研究)

甲子園球場 (南東部) あらすじ: 中学高校と吹奏楽部だった筆者が、取材の為に甲子園で野球観戦をしたことがきっかけとなり、ブラバン応援にはまっていくという研究本。ブラバン応援の歴史、楽器や曲名や人物にまつわる謎、応援秘話、顧問...
その他

万葉集(南東部)

武庫 『万葉集』は、今から1300年ほど前の日本最古の和歌集で、4516首の歌が、20の巻に分けて編集されている。天皇から有名歌人や庶民にいたるまで、男女いろんな人々の歌が収められており、大伴家持が編纂したとも言われている。万葉歌に...
その他

村上春樹/辺境・近境

阪神西宮・中央商店街・西宮神社 あらすじ: イースト・ハンプトン、からす島、メキシコ、讃岐、ノモンハン、アメリカ(大陸横断)、西宮~神戸の7つの辺境・近境の地を巡る村上春樹の旅行記。有名人の集まる理由や人間と虫との関係、世界と...
その他

村上春樹/村上朝日堂の逆襲

甲子園球場・甲子園浜・夙川周辺 あらすじ: 村上春樹の日常の行動パターンや価値観等を生活や経験を通して綴った作品である。例えば、気を遣うことなく、椅子に座るだけでいつも通りの髪型にやってもらえるということで、昔から通っている行...
その他

宮本輝/幻の光

甲子園(住宅街) あらすじ: 自殺によって夫を亡くした私は、子供を連れ、再婚のために奥能登に来る。しかし、理由も分からず夫に自殺されたことが忘れられない。かつて2人が出会った、死の雰囲気が充満していた日々を思い出しながら、それ...
その他

宮本輝/青が散る

甲子園・香櫨園 あらすじ: 目的なく入学した新設大学。そこで燎平が出会ったのは、恋とテニスだった。青春というモラトリアム時代を生きる青年の迷いと苦しみを描いた小説。 作品より引用 春が訪れたような陽気だった。阪神...
その他

宮柊二/忘瓦亭の歌

甲子園 あらすじ: 北原白秋に師事した昭和を代表する歌人、宮柊二。『忘瓦亭の歌』は、彼が同人歌誌「コスモス」創刊20周年から25周年に至る満5カ年の作品をまとめたもの。 作品より引用 「緊張の顔ほほゑみて遊撃手セ...
その他

増山実/勇者たちへの伝言

西宮北口駅近辺 あらすじ: 「うちらの人生も、この線路みたいに、ほんの一瞬、この街で交わったんやね」戦後の混乱期、高度成長時代、そして今。3つの時代が、今はもうない西宮球場を舞台に重なりあう――ちょうどかつての鉄道名所だった、...
その他

東野圭吾/幻夜

甲子園、西宮の住宅街 あらすじ: 阪神大震災が起こったその日、水原雅也は叔父を殺した。それを見ていた美女、新海美冬と手をとり、東京に向かう。「あたしらは、夜の道しかない。」と言いながら、緻密な策を弄して出世していく美冬の影とな...
その他

玉置通夫/甲子園球場物語

甲子園球場 あらすじ: これまで高校野球史や阪神タイガース史はあっても、書かれてこなかった「球場」の歩みを、社会史の観点から捉えられたもの。 甲子園球場は2004年に「満80歳」を迎えた国内最古の球場である。その誕生から建設に...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました